2018/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2018/11
+message for you+

ブログ村に参加しています

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ シンガプーラへ にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ


スポンサーサイト  
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-) Page top↑

悔しすぎる  
2008/06/10 /00:24
2月10日のエントリー「命を考える」で紹介した
シンガプーラのかぐやちゃん
かぐやちゃんは1月末にお星様になってしまったにゃんこ。
たった4ヶ月でした。
かぐやちゃんのBlogを見ると同時にそこで知ったかぐやちゃんの同胎子
デュオくんのBlogも見ていました。
デュオくんは飼い主のみけさんにとって2匹目のシンガプーラ。
1匹目のシンガプーラ・しんらくんはアッシュと同じFIPでなくしておられます。
その後、デュオくんがやってきたんですが
また1ねんも経たないうちにお星様になってしまうなんて。
みけさんのお気持ちを考えると辛いです。

同胎の子が1年も経たないうちに全員死んでしまうなんてどういう事?
弱いとかそういう次元の問題でなく
繁殖の問題じゃないのかしら?
ペットショップでの繁殖のようですが、ホントに猫のことを思って
やってるんでしょうか?

また小さなシンガプーラがこの世を去ってしまいました。
辛いです。
なんでこんなことになってるの?
悔しい、ホントに悔しい。
健康な親から生まれてくる、
こんな普通のことがまかり通らないんですね。

こういう子達を作り出さない努力を
ブリーダーも家庭猫でも繁殖と言うこと考えてほしい

デュオくん、かぐやちゃんのご冥福をお祈りいたします
スポンサーサイト


その他 トラックバック(-) Comment(3) Page top↑

prevhome next
ムティママ
悲しい
2008.06.10 (13:01) + URL + EDIT
そんなことがあったのですね・・。デュオくんのブログ見てきました。
ムティアラの同胎子(オス)は追跡しようもなく、無事なことを祈るのみです。
デュオくんの経緯もムティアラそっくりです・・。生まれてまもなく風邪のような症状→便の異常→・・・。
病院を回って徹底的に原因を追究しました。原因には近づけたけれども、腸閉塞寸前で手術もしたけれども、内科的治療には限界がありました。検査は最先端の機械で行いますが、治療といえば昔ながらの対症療法と緩和療法のみ。効く治療法がないんです。予防法もない。もう生まれたときからカウントダウンが始まっていたとしか思えません。モルモットよりも短命だったのが悔しいです。猫も生きようとしていたのに。
FIPは本当に非常にまれなことなのでしょうか?健康に生まれ、健康に生きることは奇跡に近いことなのだと思えます。私はムティアラの死亡診断書をペット業者に送りつけました。それで飼育方法を改善してくれるでしょうか。改心してくれるでしょうか。何も言ってきません。お悔やみの1つもありませんでした。
萬田らむね
2008.06.30 (22:46) + URLEDIT
はじめまして。
私が『ぬこだまり』を初めてみたのが、ちょうど天使になってしまった時でした。
その後、気になって何度ものぞいてますが、とてもブログを書く気にはなれないですよね…。
家で飼っているシンガプーラは血統は確かなんですが、超特価で売られてました。
多分、シッポが曲がってるからだと思います。
かわいいと思って何度も見に通ってましたが、5か月過ぎても売れず、とうとう買ってしまいました。
私は元々、動物に値段を付ける事を快く思ってなかったので、お金を出して猫を買うなんて考えた事もなかったんですが…。
その、お金のせいでかわいそうな猫たちが沢山生まれてる事をここで初めて知りました。
うちの子はシッポは曲がってますが、健康でありがたいです。
どうしたら不幸な子たちをなくせるんでしょう?
動物の売買を禁止してくれたらいいのに…。
そんな事をしても、どうしても欲しい人が影で買ってしまうんでしょうが…。
hiromi
2008.08.15 (14:25) + URL + EDIT
>ムティママさん
防げる病気っていろいろあると思います。
全てをストレスで片づけるわけにはいかないと思ってます。
遺伝というものもあるでしょうし、よりよい健康な猫を生ませて育てるということに
なぜ繁殖する側は考えないのでしょう?
それが悔しいです。

>らむねさん
はじめまして、お返事遅くなりごめんなさい。
たくさんかわいそうな子がいます。
もちろん野良となっているたくさんのかわいそうな子達に比べるとまだ幸せなのかもしれません。
でもこういう子達がいる、というのも知って欲しくて書いています。
今はもうお金を出して飼う飼わない、そういう次元ではないのかもしれませんね。
お金を出して飼うのですから繁殖する側がもっと責任を持ってしてほしい
扱う商品は商品であっても命なんですから。
尻尾がまがっている、というだけで売れ残ってしまうというのも現実なんですよね…
寂しい話です。
でもらむねさんに会えて良かったなって思います。
辛口ブログですがまた遊びに来てくださいね














home