2008/10← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2008/12
+message for you+

ブログ村に参加しています

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ シンガプーラへ にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ


スポンサーサイト  
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-) Page top↑

アッシュの「光の庭」復活  
2008/11/06 /18:52
約6年前
うちに初めて猫がやってきた
それがシンガプーラのアッシュ。
アッシュはシンガプーラの良さを教えてくれて
猫がいる生活の楽しさを教えてくれた大切な子。

でも猫伝染性腹膜炎(FIP)によりたった6ヶ月でこの世を去った。
私達と過ごした日々は3ヶ月。
もうすぐアッシュと別れて5年半になる。

悔しかった
もっと一緒に過ごしたかった
悲しくて悲しくてしかたがなかった
その想いは今も継続していて
同じようにFIPで死んでいくシンガプーラのこにゃんこ達に胸が痛む。
最近ではムティアラちゃん、華胥ちゃん、そしてぬこだまりのかのんくん
何で同じことが繰り返されるのかな?

いつもこっそり見ていた「ネコマミーレ」のシゲルさんちのコロンちゃんも
5ヶ月でつい先日この世を去ったと知ってショックだった。
原因は何か分からないけれど
最近、シンガの仔猫が短命なのがとても気になる

ずっと趣味とか自分の好きなものを載せたHPを持っていたのだけど
忙しくて管理できないので借りていたレンタルサーバーを解約した。
そのため、同じサーバーにあった「光の庭」もWeb上から消えていた。
でもあまりにもまた最近FIPで亡くなったり、
シンガの仔猫が亡くなっていくので
やっぱり「光の庭」は復活させようと思った。

アッシュがどんなに苦しみ
私達がどんなに辛く悲しんだか
そして繁殖に対して怒りと疑問を持っているか
たくさんの人に知ってもらい、
いろいろ考えてもらいたい。

「光の庭」
http://www3.kcn.ne.jp/~kazu_m/

今、MacのほうにHP作成ツールが入ってなくて
直したいところが直せない状態。
なんとかせねば

シンは現在、アレルギーで目がしょぼしょぼ
時期がきたら治るんだけど…季節の変わり目は
目がしょぼしょぼになり、原因不明の吐きがくる。
心臓は今のところ現状維持

チャイはあいかわらずチビチビ
でも避妊手術後太ってくれて2.2Kgに。
でもぶつぶつはひどくはならないものの相変わらず出来ては消えを繰り返してる。
病気にだけはさせられない(免疫異常のため治りが異様に遅い←ひどくなりすぎる)
青い目はやはりミスカラーの青。キトンブルーなんていわせられねえぞ

でもそんな状態だけど幸い元気食欲旺盛
それが何より。

久々に「光の庭」のアッシュを見て泣いた。
5年半もたつのにやっぱり姿を見ると
闘病記を読むと思い出して泣く。

かわいいよなぁ、アッシュ
できるならもう一度、アッシュを抱っこしたい

スポンサーサイト
その他 トラックバック(-) Comment(2) Page top↑

home