2007/11← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2008/01
+message for you+

ブログ村に参加しています

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ シンガプーラへ にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ


スポンサーサイト  
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-) Page top↑

キャラクター付け  
2007/12/21 /20:42
うちのペットはキャラクター付けされてます。
こういうことしてるのはうちだけでないはず!
と信じてるのですが…

今、こんなこと思ってるで、と
ペットたちになりきって話すんです。
たとえば何か箱から物を出していたとき、猫が集まってくるとする。
シン「なんや、それ?まぁん(お母さん)、おいしいもんか?」
ルディ「早く見せなさい」
などなど、その子の性格やこういうふうにしゃべってたら面白いなと
勝手に解釈して飼い主が楽しんでます。

シンは関西弁を喋るフランス風(?)天然系オツム弱いお坊ちゃんキャラ。
最近はがっついてるけれど、食べ方がハムハムと目をつぶって味わうように
食べてる姿が貴族のようでおぼっちゃまに見えたもんで…。
だからお父さんはパパン、お母さんはママンというのでは?というところから
そういう感じでしゃべってたけど最近略して「ぱぁん」「まぁん」になってます。
フランス風なのはそこだけであとはオツムの弱い関西弁を操る猫設定です。

ルディはアネゴキャラ。いつも冷静、たんたんと生きてる感じ。
命令形で喋ります。
たとえば「早くご飯の用意をしなさい」みたいな。
姪っ子シュリは「~の。」という感じ。ちょっと甘え下手。
「あっちにいい来たいの。今はあまりかわれたくないの」
という感じ。
2匹ともパパ。ママと呼びます。

キャラは4匹目になるので末っ子あつかいだったので
「チーズスイートホーム」のちーみたいに
「~ら」「~らね!」という語尾。
おとーさん、キャラこっちで寝るらね」など。
キャラはおとーさ、おかーさんと呼びます

チャイはもっとちっちゃいので{~でち」という言い方
おとーさん、おかーさんとうまくいえないので
「おとーち、おかーち」と呼ぶことにしてます

時々写真で文字を入れたりするときにはこのキャラクターで
書いちゃうと思うので何となく頭に残してもらってたら
わかりやすいカモです。

スポンサーサイト
未分類 トラックバック(-) Comment(0) Page top↑

シンのこと  
2007/12/10 /21:08
iBookがネットにつながらないので写真が更新できません。
したがって文章だけの日記。

シンは現在4歳です。
FIPで6ヶ月の生涯を閉じたアッシュの代猫として
我が家にやってきました。
アッシュはやんちゃ坊主でしたが、シンはおっとりしたちょっと抜けた子で
もうそれがかわいくてかわいくて、溺愛しております。
アッシュへの想いとシンが来て半年後ぐらいに死んだポポへの想いが
シンへいってしまったような感じです。

シンは三つ子です。
男の子2匹、女の子1匹でした。
アッシュの闘病サイトを作ったら、たくさんのおなじFIPに苦しむ人たちが
集まってきました。
その中に三つ子のうちの一匹、女の子の卯月ちゃんがいました。
卯月ちゃんはFIPを発症してあと2,3日で5ヶ月を迎える前に力尽きました。
シンも検査をしました。
結果、12800倍のキャリアでした。
いつもいつ発症するか不安で、定期的に検査をしていましたが
数値はかわらかなったり、ポポが死んだショックか直後は25600倍まではねあがりました。
(ポポのサークルの前で寝ていたり、遊んでいたり、探して鳴いていたのです)
そしてこの頃心臓に雑音があることがわかりました。
先天的なものということ、要観察となりました。

抗体値が高いため、去勢手術ものびのびになり、1歳を迎えることにようやくできました。
ただ腎臓も悪いかもという疑いもあり、何回か検査をしていますが
今のところ異常はないようです。

抗体値も6400倍まで下がったのでもう大丈夫だろうということ。
あとは心臓のほう、咳が出たり苦しそうだったらすぐに連れて行くようにといわれました。

先週からシンが咳をつき始めました。
毎日日に何度か咳き込みます。
病院へ連れて行ったら
雑音の大きさはかわらないけれど、レントゲンをとると心臓が肥大していました。
おそらく雑音の元が原因で肥大して行ってるのだろうということ。
咳が心臓のせいかはわからないので
少し肋骨で圧迫されている感じなので血管をスムーズに流れるような薬を飲むことに。
以後、血液検査と心臓エコーをかけることになります。
とりあえず、そのお薬で様子を見ることになりました。

とうとうこの日が来た。そういう感じです。
できるならこういう日がくるのは出来るだけ遅くいて欲しかった。
一生薬を飲み続けることになりそうなシン。
ちゃんと検査して雑音の原因をちゃんとわかって、
それからじゃないと何もできないのですが
このまま元気でいてほしい。

何よりずっとそばにいてほしい。

長生きできないのかもなぁとそう言い聞かせて
ショックを少なくしようと思う私、いやだよね。
毎日をどう過ごすか、それを考えなきゃ。
大丈夫、アッシュたちが見守ってくれてるさ。

アッシュは6ヶ月でFIPに倒れたし
シンは心臓が悪いし、FIPキャリア
チャイは先天性の免疫異常で7ヶ月になった頃からすでに処方食
うちにくるシンガプーラは弱い子ばかり。
こうやって書くとシンガプーラは弱いイメージになるかもしれないけれど
うちにはたまたまこういう子たちが集まってきただけ。
変なイメージを持たないでね。

シン トラックバック(-) Comment(3) Page top↑

ちびっこチャイたん  
2007/12/06 /21:07
チャイ、もうすぐしたら8ヶ月。
そろそろ発情が始まるかな?

アップのチャイ


発情する前に避妊手術を受けたいのだけど
キャラと同じ好酸球性肉芽腫症候群がもうちょっと落ち着いてからかな?
やっぱりブツブツは出来てます。
でもごはんをウォルサムの処方食にしてから全身に広がることなく
なんとか保ってます。
先天性の免疫異常とのこと、手術もどうか不安。

身体は相変わらずちびっ子。1.8Kgと小さいながらもサル。小さいからサルなのか?
おそらくこれ以上大きくならなさそう。
シン、3.8Kg。これぐらいの子が多いんじゃないかな?
そのシンと並んで座るとこんな感じ。

シンチャイシュリ


お腹の横あたり、ようやくハゲから脱出?
うっすら気はあるもののまばらで背中の毛は長いから
モヒカンボディになってます。
毛が少ないから寒いのか、暖のあるところばかりで寝てます。
ひどかったところは皮膚が黒ずんでて毛が薄いから透けて見えてます。
ロッキーと遊んでるこの写真でわかるかな?

チャイVSロッキー


背中は毛があるのに横腹側は薄いのがわかるかな?
まばらに毛が生えてるし。
これもちゃんと毛が生えてくるかわからないのです。
免疫異常の体質のせいもあるようです。

でもチャイたん元気いっぱい。
可愛いです。
肩乗り猫だし。

ロッキー2ヶ月と7ヶ月のチャイ。
大きさほとんどかわらねー

チャイ トラックバック(-) Comment(0) Page top↑

キャラは田舎のお婆ちゃん?  
2007/12/06 /20:50
昨日はキャラとロッキーを病院へ連れて行ってきました。

ロッキーは予防接種。
まだ2ヶ月半、怖いもの知らずなので先生にしっぽを振りまくり
顔をなめまくり、
おしりに体温計をつっこまれていてもしっぽをフリフリ
注射針がささっていてもしっぽをフリフリ
何されようがしっぽをフリフリして愛想ふっておりました…
いつまでこのキャラクターを持っていられるかなぁ~

キャラはずっと治療中の好酸球性肉芽腫症候群で通院。
口横から始まり、いったんおさまったのにまた再発、
今度は耳下から首の下まではげはげ、かきまくるので雑菌が入り
膿んでしまいました。
先週はかゆみ止めと雑菌を殺すためにステロイドと抗生物質のW投薬。
今週はかゆみ止めのステロイドだけです。
傷口がかわいてきたけどかゆみはまだあるみたりで
かいてるので、ずっとバンダナを首に巻いています。
ガーゼのハンカチなので柔らかいし、保護もある程度されてるみたい。
ちょっと田舎のお婆ちゃん風。
先生にもある程度保護になるからつけててくださいといわれました。

冷蔵庫上キャラ


ガーゼのスカーフがステキ。
仮面ライダーみたいっす。

キャラ トラックバック(-) Comment(0) Page top↑

猫団子  
2007/12/04 /23:59
寒くなってくると猫団子ができます。

しんるでぃちゃい


相性があるので、このコンビはない、というのもあるのだけど。
でも4匹集まってるときも。

猫だんご


キャラだけいないのは、キャラが猫社会になじめないため。
仔猫時代から猫が苦手だっただけに
この中に加わることがないキャラ。

キャラの最近のお気に入りは冷蔵庫の上です。
みんなと猫団子になってくれたらいいのに(T_T)



未分類 トラックバック(-) Comment(0) Page top↑

我が家のペット達  
2007/12/03 /09:49
我が家にはシンガプーラのシン(♂4歳)とチャイ(♀7ヶ月)、
ベンガルのルディ(♀3歳)とシュリ(♀2歳)、
ソマリのキャラ(♀1歳)がいます。

4年前に初めて飼った猫、シンガプーラのアッシュ(♂6ヶ月でFIPにて死去)に出会ってから
猫にはまってしまい、あれよあれよと増えてしまいました。
アッシュとは3ヶ月しか一緒にいられなかったけれど
アッシュがいたからこそ、今の子達がいるわけで
猫の楽しさを、いろんなことを教えてくれた大切な子です。

にゃんずとともにチワワのリン(♀4歳)とポメラニアンのロッキー(♂2ヶ月)も
一緒にどたばたしています。

アッシュと同じ4年前にポメラニアンのポポ(♀12歳で死去)を亡くしてから
ポメラニアンは飼えなかったのですが
先月、その悲しみから立ち上がれたようでロッキーに出会いました。

このBlogは主に猫のことを書いていくと思います。
時々、わんこたちも出てくると思います。
画像も載せていきたいのですが、現在PC類(WindowsとiBook)クラッシュしてから
画像ソフトをまだいれていないのでもうしばしお待ちを。

未分類 Trackback(0) Comment(2) Page top↑

home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。