2018/06← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2018/08
+message for you+

ブログ村に参加しています

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ シンガプーラへ にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ


スポンサーサイト  
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-) Page top↑

キャラのその後  
2008/05/25 /16:49
キャラのその後です。

みなさまからお知恵をいただいて
とりあえず試すことが出来る物は全てやろうと思って
まずは猫の介護服と爪キャップを注文。

介護服はハイネックの服でなく
ネックカラーがあったのでそっちにしてみました。
服を着せると慣れてないせいか動きが鈍くなるので
(鈍いとよけいにとっくみあいになって餌食になる)
首に巻く物は抵抗がなく、バンダナで慣れているので
ネックカラーをチョイス。
爪キャップはおしゃれを目的としていないし
色が付いているのは好きでないので透明を申し込み。

ところが爪キャップが届く日の朝からキャラがまたひきこもり。
時々、何がきっかけなのか何を思うのかキャラは引きこもって
出てこなくなるときが時々あります。
最近その前兆が見えていたんですが
朝、押入から出てきてご飯作りの邪魔をするので
「こら!ダメ!
と叱ったら、どうもそれがお気に召さなかったようで
ひきこもりが始まってしまいました。
今回は今ブームの押入の中。
人が来ても猫が来てもうなってほえるので
こういうときはもうほっておくに限ります。
気の済むまで引きこもってもらうしかないんです。
無理に出そうとしたらよけいにこじれちゃうんです。
だから押入の中にトイレを設置、
ご飯もそこまで運んでいって
キャラが心を開くまで我慢比べになりました。
せっかく爪キャップも介護服も届いたのにつけられない状態。
たまたま週半ば、少し気持ちが落ち着いてきたのかキャラが
名前を呼ぶとふにゃふにゃ鳴きながら顔を出したので
ひきずりだしてネックカラーだけつけました。
暴れてすぐに押入に。でもってまたひきこもり。
でも少しサイズが大きかったのか緩い感じ。
役に立ってるようで立ってない感。
そのあと1日おいたぐらいに押入から少しでるようになったので
ゴムでネックカラーを縮めて結んでみました。

昨日はようやくみんなのいるリビングに出てきてご飯を食べるように。
食べている間にネックカラーを縮めて調整。
ゆるかったみたいなんで、傷はひどくなってました。
縮めたことであたるのもましになったので、ひどくはならないかな。

そしてようやく今日、表に出ていて毛づくろいしている余裕が見えてきたので、
そっと抱っこしてダンナと二人がかりで爪キャップ装着できました。
違和感全然ないようでずっとおとなしく抱っこされていました。
そのあとまた押入に帰っていきましたけどね…

ということなので
今日からちゃんと様子を見れる感じ。
キャップをつけた爪はたしかに柔らかく
これなら傷にならないんじゃないかなとかなり期待。
今ちょっとひどいのでどうなるなぁ~と要観察。

ホント、キャラお嬢様は気むずかしくて
扱いが大変な子なんですよ…。

スポンサーサイト
キャラ トラックバック(-) Comment(1) Page top↑

キャラのアレルギー  
2008/05/14 /00:11
キャラはアレルギー持ちで
去年の秋も終わる頃から首の回りや頭に好酸球肉芽症候群によるブツブツが
(チャイのと同じ)いっぱいできて
体質がアレルギーなんでなかなか治りません。
というか、キャラがすぐかいちゃうんです。
一時は薬でよくなり(かゆみを抑える薬やステロイドなどで)
毛が生えてキレイになったんだけど、
薬が切れたらまたブツブツしてきてかゆくてかきはじめたんです。
今度は同じように薬を飲ませてもなかなか治らず
やっぱりアレルギーってどんどんひどくなるようです。

せっかくきれいになった首はまたずるむけで
かくもんだから血だらけ。汁がでちゃってホントにひどいんです。
食事療法もきかず、
とりあえず首にガーゼのハンカチを巻いて
少しでも足が傷にあたらないようしていますが
気休め程度(かといってしなかったらもっとひどくなる)かな。
ここ半年ほどずっと首にはガーゼのハンカチ(仮面ライダーの赤いマフラーなみ、ほんと血で赤くなるんです)、投薬も少量で(そうしないと強い薬なので内臓がやられる)ほそぼそ続いてます。

マフラー


2週間に一回(ひどいときは1週間に1回)病院へ通っています。
でもそろそろ投薬が出来なくなります。
というのも半年もステロイドを使っているので
今度は内臓の方がやばくなってくるからです。
糖尿病になってしまうんだそうです。
だから薬を切りたい。
今回ひどくなってるし、そういう状態なんで
いつも半錠のくすりを1錠でどかんと1週間飲ませて
いっきに良くなる方向へもっていこうとしたのですが
かゆさの方が勝つようでかきむしるんであまり効果がなかったのです。
先生もそれがショックだと。
あと2週間、半錠で投薬するのですがまだひどくて
ひまさえあれば後ろ足で首や頭を掻いています。

そこでこれからどうするか、ということになったのですが
根気良く合う食事を探して食べさせていく
首の回りにいつも何かを巻いておく
ということしか方法がなく、
それも期待薄いんですよね。
かゆいというストレスと血だらけになる皮膚を守るために
後ろ足の爪の切除手術も考えておいてくださいといわれました。

うちとしてはあまり気が進まないのです。
爪をとる、ということはできるだけしたくないんです。
完全室内飼いだから、支障ないと思うから
爪でひっかいてる部分が多いんでそうするのもマシになる手
といわれてるんですけど…。
というのもキャラはいじめられっこなので
追いかけられたとき、後ろ足の爪がないことがネックになるんじゃないかと。

だから首に巻くガーゼもいろいろ形を変えたり模索してます。
でもゆるんだり、ずれたり、また微妙な位置に出来てるので
役に立ってなかったりするので
ほっかむりバージョンとかも作ったのですがとれちゃいます。
後ろ足に靴下をはかせる、という案もあったのですが
キャラはトイレ、砂じゃなくシートなんで
おしっこをすると大量なのでよくふんでしまうのです。
するとべしょべしょになっちゃうんで却下。

首の周りをかかないようにするにはどうしたらいいと思いますか?
ほっかむり(耳の部分は穴を開けて通す)やマフラーはやりました。
カラーをつけるといじめられっこなんで逃げ場に行くときにひっかかってしまいますし、動けなくなります。
首の下、横、頭などに出来ています。
何か良い方法思いついた方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。



キャラ トラックバック(-) Comment(8) Page top↑

キャラは田舎のお婆ちゃん?  
2007/12/06 /20:50
昨日はキャラとロッキーを病院へ連れて行ってきました。

ロッキーは予防接種。
まだ2ヶ月半、怖いもの知らずなので先生にしっぽを振りまくり
顔をなめまくり、
おしりに体温計をつっこまれていてもしっぽをフリフリ
注射針がささっていてもしっぽをフリフリ
何されようがしっぽをフリフリして愛想ふっておりました…
いつまでこのキャラクターを持っていられるかなぁ~

キャラはずっと治療中の好酸球性肉芽腫症候群で通院。
口横から始まり、いったんおさまったのにまた再発、
今度は耳下から首の下まではげはげ、かきまくるので雑菌が入り
膿んでしまいました。
先週はかゆみ止めと雑菌を殺すためにステロイドと抗生物質のW投薬。
今週はかゆみ止めのステロイドだけです。
傷口がかわいてきたけどかゆみはまだあるみたりで
かいてるので、ずっとバンダナを首に巻いています。
ガーゼのハンカチなので柔らかいし、保護もある程度されてるみたい。
ちょっと田舎のお婆ちゃん風。
先生にもある程度保護になるからつけててくださいといわれました。

冷蔵庫上キャラ


ガーゼのスカーフがステキ。
仮面ライダーみたいっす。

キャラ トラックバック(-) Comment(0) Page top↑

home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。